食事管理にこだわり

最近は悪玉菌が増え、腸の状態が良くないと不調や病気のリスクが高まるといわれているので、スゴクケアを心がけていますね。

こういったことに対して、どれだけこだわっていけるかが重要なはず。

便秘、大腸がん、免疫低下、口臭、体臭、肌荒れなど、全く関係がないように思うのですが、実際問題としてはすごく関わりがあるそうです。

いく中心の食事で、野菜が少なく、肉の多い食事が続くと、善玉菌お餌となる食物繊維の摂取量が減り、悪玉を増やすことが関係するといわれています。

これが結構大きなトラブルに成るといわれているために、心がけなくてはいけませんね。

[PR]
by touw5w8ata | 2015-05-05 17:52


<< グラッシュビスタでまつ毛を勇ましく 血液循環を考えて運動 >>